messege

子どもの成長には「見えにくい力」があります。例えば、目標に向かって頑張る力、人とうまく関わる力、感情をコントロールする力などです。このような力は小学校の学力の土台となる力で、とても大切な力なのですが、子どもたちは幼稚園の遊びや活動の中で知らず知らずに身に付けているのです。子どもたちはどの子もいろいろな事に挑戦しようとする積極性をもっています。興味のある事を繰り返し経験させ、達成感を味わい、やる気や自信を育てていきたいと考えています。
 本園の自慢は、子どもをこよなく愛し、努力を惜しまない職員集団の存在です。時間や労力も顧みず、子どもたちのよりよい成長のために努めています。一人一人の子どもに寄り添い、子どもたちに「幼稚園大好き!」と言ってもらえるように、職員一同力を合わせて、毎日の保育にあたってまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

生きる力は遊ぶことから

 園庭をかけまわる元気いっぱいの子どもたち。花やダンゴムシに目をみはる輝きいっぱいの子どもたち。友達と一緒に遊び笑顔いっぱいの子どもたち。豊かな体験を通して、目・耳・鼻・頭・手などの全てを使って探求し、様々なことを学び取る場を大事にしながら、豊かに生きる子どもたちを育てます。幼児期は人間形成の基礎を培う重要な時期です。この時期に思いっきり遊び、伸びやかに自分を表現しながら、子ども自ら気づき、考えることを大切にし、集団生活での社会的ルールを育てていきます。

保護者の皆様との連携を大切に

子どもたちが毎日楽しく過ごすことができますように、お子様の様子で気になることがありましたらいつでも教えてください。幼稚園でも参考にさせていただき、配慮をしてまいります。
 子ども自身が自分は愛されている実感を持つのは、「ありがとう」「うれしい」「助かったよ」という肯定的な言葉かけを多く用いてあげることです。ご家族との心の結びつきは子どもの心の中に「やさしさ」を育てていきます。抱っこしたり握手したりしながら話を聞いてあげると、子どもはますます元気が出ます。お家の方と手をつないでお話をしながら登園してくる姿をみると、とてもいい関係づくりをされているなあと、嬉しい気持ちになります。これからすべての子どもたちがすくすくと成長していくことを願って、保護者の皆様のご協力をどうぞよろしくお願いします。

ページの先頭へ戻る